プロフィールについて

このページでは、わたしのプロフィールについてご紹介させていただきます。

目に見えない世界との関わり

はじめまして、このサイトを運営している水間 有俐(みま ゆーり)です。

仙台在住の管理栄養士であり、ホリスティックヘルスカウンセラーであり

子供のころから西洋占星術など、目に見えない世界のことがとても好きでした。

わたしと目に見えない存在との関わりについてはこちら

そうして目に見えない世界の探求をしていく中で

自分自身が普段考えていることがインディゴチルドレンと呼ばれる人たちと

非常に似通っていたり、縄文時代に非常に興味があったりなど、

明らかに社会の人とものの見方や考え方

価値観が大きく異なっていることに気が付きました。

得意なこと&好きなこと

◎お料理
⇒ぐりとぐらという絵本の冒頭に『このよでいちばんすきなのは、おりょうりすることたべること』と書かれていますが、まさにそれです。過去生ではギャラリーを併設するパブ(カフェ)の女主人だったこともあるそう。なるほど。

◎子供や動物や植物と話せる
⇒話せるというか、感情が分かります。とくに子どもたちとはツーカーです。こっちが嘘ついてるとすぐバレます笑(テレパシーで読まれる)。世の中の認識だと「3歳以下は話せないし、まだ赤ちゃんだから意思疎通ができない」と思われているようですが(特に男性はそう思ってるみたい)、普通に1歳くらいでも感情で大人と同じようにコミュニケーションできます。動物だとイルカさんとか話しやすいです。

◎エンパス能力
⇒ヒーラー特有の能力かもしれませんが、人にめちゃくちゃ感情移入できます。自分で自分のことをメタモン(ポケモンの)と呼んでいます(;・∀・)。同調作用半端ないです。例えば方言を話す人と数時間も一緒にいると、方言を話せるようになります。言語も波長も同調できます。その分いらんものも貰いやすいため、日々の浄化は必須です。

◎パソコン関係
⇒得意?ではないかもしれませんが、苦手ではないです。比較的女性は機械関係に疎い方が多いため、その中ではわりと好きな方かもしれません。電気屋さんとかパーツ屋さんとか大好きです。世の中にインターネットが普及する前からPCに親しんでいたため、自然とパソコンが好きになり、子供の頃のあだ名はビジネスマンでした(何故「MAN」・・?)。

◎西洋占星術
⇒西洋占星術には昔から興味があり、子供の頃からホロスコープと親しんできましたが、ある一定年齢まで深くは読めませんでした(自分自身の固定観念のブロックがあり、読めなかった)。ところが、ある時点から急にスポンジが水を吸うように読めるようになりました。おそらく、そういった目覚めの時期だったのだと思います。その中で、自分自身の使命は何か?について思い出しました。

キロンが蟹座でカルミネートしている

わたしが自分自身のホロスコープを見ると

他のカウンセラーをしているような方の例に漏れず(?)

非常に葛藤が多いようなホロスコープとなっています。

我ながら「ものすごいボロボロだなあ」と思います^^;。

Tスクエアというキツいアスペクトが3重になっているだけでなく

ミスティックレクタングルというかなり強大なアスペクトもある。

またボロボロというのは、キロンが傷ついているということです。

少しご説明すると、キロンという星はホロスコープ上で

その人の『心の傷』や『トラウマ』、『傷ついているポイント』を示します。

※詳しい解説はこちらのサイト様が詳しいです⇒キロンの神話を再考する

そして、わたしのキロンは天頂の一番上の目立つところにあり(9ハウス蟹座)

これは、「孤児」や、「孤児」的な体験(育児放棄や虐待など)をすることが多い

配置だそうです。しかもキロンのサインは『母親、家族』を示す蟹座・・・。

そして例に漏れず、しっかり毒親育ちです^^;。多くの方とちゃんと同類?です。

そして、キロンが天頂にあるということから

これはカルミネートしている=人生全体に影響を及ぼすことを示します。

MC(社会的使命)にも近いことから

わたしが『傷を負いながら、それを糧として人を癒やす傷ついたヒーラー』であること、

そうなることを、意図して生まれてきていることを示しています。

ものすご~い世俗的な表現でかんたんに言うと

わたし自身が(毒親問題で)色々としくじり先生なので

みんなをしくじらないように導く役割があるようです(重荷)工エエェェ(´д`)ェェエエ工。

参照リンク:明晰夢でガイドからもらった『社畜のリスト』

ふつつか者ですが、頑張っていきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m