ダイエット

そもそもwikipediaにも、ダイエット=食事制限と書かれていた件

みなさんこんにちは!有俐です。

先日ダイエットの記事で、『ダイエットに食事制限は逆効果!』

と書かせていただきましたが

参照:【必見!】今年こそ痩せたい!ダイエットを始める方へ

そもそもwikipediaのダイエットの記事を調べてみると

『2: 健康のため、美容のため、肥満の防止(や解消)のため、食事を制限すること』

とめちゃくちゃ大きく書かれていましたね( ;∀;)。

しかも広辞苑準拠(※要旨)。

どうやら元々の語源は規定食」という意味らしいですが

ようするに日本で言ったら肥満症の人に提供される病院食みたいなものですね。

そこから誤解が誤解を生んで、規定食=カロリー制限された食事=ダイエット

という認識になっていったのでしょう。。。

というわけで、広義ではダイエット=食事制限らしいです😨😨😨。

ところが!ところがです。

Wikipediaの記事をよく読んでみると、以下のような分類例も載っていました!

ダイエットの分類と目的外の影響例

以下のグラフは、ダイエットの分類(※Wikipedia)になります。

いちおう食事の方式としては「減らす」「置き換える」

そして「エネルギー活動量を増やす」ための運動と、3つに分類されています。

また主なダイエットの代表例も書かれていて

非常に分かりやすいですね🙋。

で、ぜひ注目していただきたのはここです👇👇👇

めちゃくちゃ弊害あるじゃん!(総ツッコミ)

ってことなんですよ!!!(は~言えてスッキリした)

栄養失調、リバウンドはまあいいとして、

脂肪肝・空腹感・飢餓って何よ~(@_@;)。
(※ちなみに栄養学の教科書には頻繁に「飢餓」と出てきます。原典がアメリカの栄養学であるということと、starve=飢餓と直訳されているせいで、ただの低栄養状態が、やたら現実とかけ離れた翻訳になっています。。。)

これはもう「影響例」というよりも「弊害」と言って良いですよね😰😰😰。

例えて言うなら

『この薬飲んだら体重減るよ~。まあお腹へって辛いし(空腹感)栄養失調になるし髪も肌も骨もボロボロになるしリバウンドするし(飢餓)病気にもなるけど(脂肪肝)

って言ってるようなもんですよ!?

これを逆効果と言わずしてなんと言うのか?(反語)

※そう言えば、昔から栄養管理に力を入れている慈恵医科大学の
管理栄養士さんが、こんな本出してました👇👇👇

あなたが太っているのは、栄養不足のせい 慈恵医大病院栄養士の正しくヤセる食べ方

というわけで、みなさま

ぜひバランスよく

賢く美味しく食べて

リバウンドや病気の等の弊害のない

健康的なシェイプアップをしていきましょうね^^。