スピリチュアル

スピリチュアルな生き方について

わたしと目に見えない存在との関わりについて

少しお話させていただきたいと思います。

わたしはとくに霊感があるとか、
やたらと幽霊がみえるとか、そういうわけではないです。
(たまに見えたり、感じたり、予知夢や明晰夢は見たりはする。直感◎)

ただ子供のころから、無条件に占いや魔法や神秘的なことが、大好きでした。

今現在、レイキのサードレベルまで習得しておりますが、

子供のころからごっこ遊びで「手からエネルギーが出てるよね?」と手をかざしてみたりと、何故か子供のころから、レイキについても無意識に知っていました^^;。

また曾祖母のお葬式で昆虫の霊(かなりはっきりとした肉眼と遜色ないやつ)を見るなど、かなり不思議な体験も何度もしています。

でも、子供の頃は「スピリチュアルとか怪しいな~、宗教とか胡散臭いし!」

と思っていました笑笑。

ところが、17歳の秋頃に、第一の目覚めがありました。

急に江原啓之さんの本が理解できるようになる

17歳の秋頃のこと。

わたしはクリスチャン系の高校に通う普通の高校生だったのですが、何故か通学のバスを降りた時に、急に頭頂がぱーっとするように閃いたのです(怪しい・・汗)。

なんだか温かい光を上からふわ~と被せられてる感じでした。

するとなぜか、心がジーンと暖かくなり、心に感謝が広がります。

「そうか!わかったぞ!人生の本質とは感謝することだったんだな!」

と急にどこぞの哲学者(※アルキメデス)よろしく閃き、独り言ちました(怖)。

な… 何を言っているのか わからねーと思いますが、

わたしも何があったのかまったく分かりませんでした(棒)。

ただ、急にそう思ったのだからしかたありません。

で、その日から何故か急に聖書の意味がよくわかったり、

以前読んで「スピリチュアルとか、ただの精神論でしょ!」と一掃していた江原啓之さんの本の意味が、するするっと理解できるようになったのです。

これは非常に驚きでした。目が醒める思いです。

マトリックスという映画の中で、主人公のネオが覚醒体験をしますが、まさにそんな感じです。

初めて自覚して『霊』という存在を見る

その後、大学生となり

20歳のときは一人暮らしをしておりました。

年齢的なものなのか、はたまたその住居環境のせいなのか、一人暮らしのときは、とにかく月1くらいで霊的体験をしました。

具体的に言うと、人の気配を感じたり、声を聞いたり、触れられたり等々です。視覚的には見えません。

ただわたしは「波動が重い存在」「波動が軽い存在」は感覚で分かるので、

怖い思いはありませんでした。

みんな、ごくごく普通の人の(?)霊でした。

※気配が一般の人と同じなので、透明人間というだけで、普通の人と同じ感覚です。

ところが、ある日いつものように気配を感じたので、寝ぼけまなこで目を開け、ふいとスマホの光をかざしてみると

ぼお~と衲僧みたいな霊がみえるではありませんか。

(光に対して、めちゃくちゃ嫌そうな顔をしていました)

これは新しい発見です。

テレビや漫画でみるように、本当に映写機でスクリーンに上映したような残像で見えるので(透けてるし)、怖い云々よりちょっと感動しました笑笑。

こんな霊体験で、わたしは益々

「あっやっぱり目に見えない存在って普通にいるんだな」

と確信したわけです。

寝ている時に頭をヒーリングしてくれる天使

不思議な体験やシンクロニシティは、もう数え切れないくらい何度もしているので、特に印象深いものだけご紹介します。

ある日、リビングのソファで昼寝をしていると、うたた寝の半覚醒状態のときに、ふわ~と明晰夢に誘われて、身体が浮き上がるような感覚になりました。

すると、ふと気がつくと頭の方でヘッドマッサージのような、レイキヒーリングのようなヒーリングが行われていることに気が付きました(すごく心地よいヒーリングでした)。

『怖がらないでね。ヒーリングしているだけだから』

はっきりした声も聞こえます(肉声ではないです)。

おそらく、わたしのガイドたちのお一人なんだろうなと思い

テレパシーで「あなたは誰?お名前は?」と聞いてみました。

すると、すっと目の前に筆記体の文字が浮かび上がり

「An○ei○○l」と何やら文字を書いてくれています・・・が、半覚醒状態かつ英語なので読めず^^;。

起きたときには、はっきり覚えていませんでした(Aとgとlとかが入った単語だったな~ということだけは覚えている)。

その数日後、また同じく明晰夢状態になり、ヒーリングのようなものをしていただいたので

再度「あなたの名前を教えてください」と聞いてみました。

すると今度は

「アンジェリカよ」

とかなりはっきりした声が聞こえました。

その後すぐに覚醒して、ピン!と来たので

オーラソーマボトルの「オリオン&アンジェリカ」を調べると、すぐに下のカードを見つけました。

アンジェリカの綴も、『Angelica』なので、先日の文字のスペルと一致します。

その次の日には、オリオンも来てくれて、同じくヒーリングをしてくれました(オリオンとアンジェリカはツインレイなんですね)。

他のヒーラーやチャネラーの方々のようにしょっちゅう天使に会うわけでもないですし、わたしはあまり声は聞かないタイプなのですが、

やはりわたしの後ろの人たちにも、天使もいるんだなと実感した次第です。

どんなに否定されようが、いるもんはいる。

わたしの両親、そして家庭はいわゆる機能不全家族で

もちろん両親は目に見えない存在をまったく信じてはくれませんでした。

ですので、子供の頃から目に見えない世界に興味があっても

それを否定したり、隠したりして生きてきました。

ですが、大人になってあらてめて思ったのが

『どんなに否定されようが、目に見えない存在は確実にいる』

ということです。

もしかしたら多くの方には経験がないのかもしれませんが

わたしにとっては(普段は見えなくても)

目に見えるし、触れるし、声も聞いたこともあるし、香りもするし、五感でも感じるくらい確かな実感をともなった『いる』です。

しっかりとした現実で起こった、経験です。

ですので、もしわたしと同じような経験をされている方がいるとしたら

たとえ周りに否定されたり、非難されたりしたとしても

その目に見えない存在のことや、自分自身は否定しなくても大丈夫です^^。

しっかりと、その存在を証明してくれる仲間が他にも存在します。

わたしも、そんな方々に勇気を与えたり

潜在意識(目に見えない存在)や明晰夢から受け取ったメッセージを

このブログで少しずつでもお伝えしていけたらと思います。

それでは、今回はここらへんで。

human and love spirit powerful energy connect to the universe power abstract art watercolor painting illustration design hand drawn